ISO14001 of 大谷ISOコンサルタント事務所

working with ISO since 1990. Easy,Quick ,Low cost.  

ISO14001の認証取得支援コンサルティング。

h_Gradation01.jpg

ISO14001環境マネジメントシステム規格は2015年10月に2015年版規格が発行されましたので、現在お持ちの旧規格での認証はこの新しい2015年版規格へ切り替える必要があります。
2015年版規格は、マネジメントシステム規格共通の構造になっているので他のISO9001、ISO27001、ISO22301規格等との統合が容易にできる形になっています。
2015年版規格の特徴は、環境マネジメントシステムの構築に際して、組織の状況を理解し外部、内部の課題は何か、利害関係者のニーズ及び期待はどのようなものかを認識したうえで環境マネジメントを進めて行くことです。
環境マネジメントを成功させるためにリーダーシップが重要であることが強調されています。
ISO14001も他の新しいマネジメントシステム規格と同様にISO31000リスクマネジメントの考えをベースに構築されており、環境リスクに取組み、環境目標を達成するための計画を策定し、環境パフォーマンスを改善していくことが求められています。
また、調達された製品・サービスに関連する環境側面の管理に加えて、組織が自ら管理する/或いは影響を与える範囲を、製品の使用、及び使用後の処理/廃棄にわたり考慮することが求められています。
従来のISO14001規格で、単に紙、ゴミ、電気の削減のみで壁に突き当たっている組織も、2015年版への移行は、新しい視点で再度、環境マネジメントシステムへの取組みを見直す良い機会でもあります。
当コンサルタント事務所は大量生産方式のコンサルティングではありません。 文書の薄さを競うものでもありません。 貴社の中でどの様にマネジメントシステムを構築すれば良いのかを親身に説明し、ご担当者様の負荷軽減を考えながら一緒にマネジメントシステムを構築していくコンサルティングです。 
審査前には模擬審査を実施し貴社ご担当者様が審査に不安を感じることがないよう準備します。

標準的なコンサルティング実施内容

 規格の解説
 環境マネジメントシステムの構築のためのヒアリング
 環境側面の抽出
 環境影響の評価
 著しい環境側面の特定
 環境関連法規制の特定
 目標設定
 運用・実施事項の策定

教育の実施 内部監査員教育
 内部監査実施指導
 マネジメントレビュー実施指導
 改善指導
 審査準備(模擬審査)
 審査立会

提供文書例
  環境マニュアル


提供様式例
  環境側面抽出表
  環境影響評価表
  目標実施計画
  緊急事態訓練計画書
  教育計画
  教材及びテスト問題集
  教育実施記録
  内部監査計画書
  内部監査チェックリスト
  内部監査報告書
  文書・記録台帳
  是正処置報告書
  マネジメントレビュー記録
  その他 多数
   いずれも記入例及び実使用できるチェックリスト等を含んでいます。

  認証取得までの期間は貴社の繁忙状況などに応じ、貴社と協議し、設定します。

 ISO9001等他のISO認証をお持ちであれば文書を統合することも出来ます。
 これにより、重複事項を除くだけでなく、審査工数の削減も図ることが出来ます。

 是非、当ISOコンサルタント事務所までお問合せください。

TOPへ